賃貸を探す際の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 賃貸物件にかかる初期費用

新着情報

賃貸契約の初期費用は

賃貸の部屋に掛かる費用は一般的に前家賃に敷金・礼金と仲介手数料です。その他に借りる部屋に掛ける火災保険や鍵交換代や保証人代行を使用した場合などは別途必要になります。不動産業者が入居前にダニやゴキブリを駆除する室内抗菌や24時間コールサービスなどの付帯サービスを勧めてくる場合もあり追加する場合はその費用も必要です。賃貸の契約金は通常契約日前に指定口座に振り込むか契約日当日に現金で支払うかになり支払いがなされない場合は鍵の引き渡しをストップされますので契約金がどれくらい掛かるのかを事前に計算してもらってから部屋を決めましょう。

家賃以外の費用も考えよう

賃貸物件には家賃の他にも共益費もかかる場合かあります。入居の契約の際には敷金や礼金もかかります。車や自転車、バイクなどの乗り物を所有している場合はその駐車場の料金も必要となります。いくら良い物件が見つかっても初期費用を用意できなければ契約出来ませんし、家賃が安くても共益費が高ければトータルでの毎月の出費は高くなります。生活するには家賃だけでなく、最低でも水道光熱費に食費もかかります。人付き合いに多少の遊興費も必要でしょう。一般的に住居に掛けられる費用は収入の1/3までが妥当だと言われます。賃貸探しの際の参考にしてみてください。

© Copyright 賃貸探しの条件とは何か. All rights reserved.